アップサイクルのものづくり

アップサイクルのものづくり

素材を最後まで大切にする

私たちは製品をつくる過程で出てしまうハギレや余った素材から新たな価値に再生するアップサイクルプロジェクトを2019年から行っています。

こだわって作った生地だからこそ、最後まで生地や糸を無駄にせず、そこから新たな価値を生み出すことを大切にしています。

これまでヘアターバン、うちわ、麦わら帽子を企画し、一点ものとして皆様のお届けしてきました。ハギレや残布から作るからこそ、全く同じものはひとつもありません。

様々な色彩の一点もののヘアターバン

⾹川県の伝統⼯芸 丸亀うちわ

昔ながらの麦わら帽子に合わせた柔らかなリボン

 

marumasuのクラフトマンシップ

ハギレや残布がでるのは、クラフトマンシップの精神に基づき、しっかりと商品検査を行っているからです。

僅かなミスや傷、シミも見逃さずに厳しい基準で製品の検査を行います。使用する際には問題ない僅かなシミ等も検査を行い、確かな製品に仕上げていきます。


商品にならなかった製品は、廃棄せずに製造過程の問題点と改善点を記録し、染料滲み、ほつれ、織傷などに分類し保管しています。

時間をかけてこだわって作ってきた上質な生地だからこそ、捨てたり安く売ったりするのではなく、問題のある箇所を裁断して取り除くことで新しい製品に作り変える。

ストール素材の特徴を別のアイテムに組み合わせ、変容させる創造力を持つことで新しい製品価値まで高めています。

ブログに戻る
  • オンラインストア移行のお知らせ

    READ NOW