marumasu

  • 日本語 /
  • Eng
  • facebook
  • instagram
  • marumasu old photo

  • color

  • past data

  • our company

Philosophy

鮮明で美しい色彩

上質で肌に馴染む風合い

どこの国にもない絵画のようなストール

Story

marumasuは色の持つ可能性を追求し東京・柴又の染色工場・丸枡染色が2011年にスタートしました。
大量生産や安さで競うのではなく、marumasuにしかできないものづくりを考えアートディレクター松川和広を中心に職人兼デザイナーが素材設計、企画、デザイン、染色、製造まですべての工程を考えつくり出す新しい形のブランドを目指しています。

色のバランス、徹底した温度管理、美しさを求めた試行錯誤。今日も柴又の街の片隅で作られる日々の風景。
日本の職人が手掛ける素材を受け取り、染色やプリントをほどこし繊細な色合い、柔らかな布の手触りを実現しています。

Company

【丸枡染色株式会社】
創業1901年、柴又の老舗染色工場。
東京友禅染をルーツに持ち、現在は肌着素材のニットを専門とした染色工業を行う。
100年を越え時代の変化に合わせて技術と環境を進化させている。

【ART DIRECTOR】
松川 和広
marumasuアートディレクター
丸枡染色4代目

現代美術に精通し、アートやデザインを学ぶ
有名ブランドの染色を数多く手がけている丸枡染色株式会社に入社
製造・生地企画に携わり染色の多様性に着目し2011年より、自社ブランド「marumasu」をスタート

美大出身という経営者としては異色な経歴を生かし
現代アートの文脈から染色をみつめ、ブランディングをおこなっている。